まずこちらからご覧ください➤【せどりのロードマップ】

ふるさと納税の仕組みを日本一分かりやすく解説!失敗しない手続きのポイント

ふるさと納税

 

ぱに子

ふるさと納税がお得って聞くけど本当なの?

ふるさと納税のやり方が良く分からない?

この記事ではこんな疑問にお答えします。

ふるさと納税を上手に使うと2,000円で12,000円分のお肉やお米、ビールなんかをもらうことができる制度のことです。

この記事を読めば、どこよりも分かりやすくふるさと納税について理解することができます。

さらに、節約プロである私が、他のワザと組み合わせて「さらに得をしちゃう方法」も解説します。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税とは

 ふるさと納税とは、「ふるさと納税に対応したサイト」から買い物をするだけで、2000円の負担で全国の特産品がたくさんもらえる制度のことです。

 次の画像は年収が約400万円くらいのサラリーマンの例を示したものです。

ふるさと納税

 

 年収400万円だとざっくり4万円分くらいふるさと納税をすることができます。

 4万円分ふるさと納税をすると、12,000円分(約3割)のお礼の品をもらうことができます。

 お礼の品と一緒に申請書が届くのでそれに記入すると、「寄付をした市役所」から「住んでいるところの市役所(役場)」に連絡が行きます。

 そうすると、翌年度の税金が38,000円分安くなるという仕組みです。

MEMO
4万円ふるさと納税→12,000円の返礼品+38,000円の税控除

 

 まずは全体を理解してもらうためにおおざっぱな説明だよ。

 細かいところは次の章で説明するね。

シバキン

 

寄付可能な上限金額

 これだけお得な制度ですが、注意点がひとつだけあります。

 それは、寄付可能な額に上限があります。

 上限額を超えて寄付をしてしまうと、その分は損してしまうので注意してください。

 ざっくりですが、平均くらいの年収のサラリーマンや公務員だと、年収の1%前後になります。

 なので年収400万円くらいなら、寄付できるのは4万円くらいまでとなります。

 次の章でもっと具体的に説明していきますね。

MEMO
年収400万円だとだいたい4万円くらいが寄付可能な上限

ふるさと納税の流れ

 ふるさと納税に興味をもっていただけましたか?

 ここからは、実際にふるさと納税をするために行う手順を説明していきます。

納税可能額を調べよう

 まずはふるさと納税できる額を調べていきます。

 とはいっても難しい計算は必要なく、こちら(さとふるから年収と家族構成を入力するだけで計算できてしまいます。

ふるさと納税

 ここに表示される金額がふるさと納税できる金額となります。

 1分でできてしまうので、まずはシミュレーションしてみましょう

注意点

 医療費がかなりかかっている方は、簡易シミュレーションだと少し違う金額が出てしまいます。

 なので、医療費が普通の人よりかなり多いという場合は、詳細シミュレーションを利用してください。

 詳細シミュレーションがどうしてもめんどくさい場合は、年収から「かかったおおよその医療費を引いた額」を簡易シミュレーションするのでもOKです。

 

 

僕はものすごくめんどくさがりやなので気持ちが分かるよ

シバキン

 ふるさと納税は普通のサラリーマンの方や公務員の方なら、「やればやっただけ得をする制度」です。

 なので細かい計算がめんどくさかったら、簡易シミュレーションで出た金額より少なめにふるさと納税する方法がおすすめです。

 とにかく第一歩を踏み出しましょう!

ふるさと納税サイトで返礼品をさがぞう

 おまちかねの返礼品探しです。

 ふるさと納税サイトでおすすめのサイトは2つです。

 さくっとふるさと納税をしたい方 → さとふる

   とことん得を目指す方      → 楽天ふるさと納税

 さとふるはさくっと納税したい方向けです。

 さとふるは、認知度No.1で返礼品もたくさんそろっているので、美味しそうなものを見つけたら申し込んでみましょう。

 楽天は、楽天経済圏と合わせて使うとものすごく得をします。

 節約という域を超えて錬金術といっても良いほどです。

実際に寄付しよう

 

ぱに子

寄付って難しそう

 寄付といってもやることは簡単です。

 実際のサイトで商品を購入するだけで納税ができてしまいます。

さきほど紹介したさとふる(さくっとふるさと納税をしたい方向け)で商品をカートに入れて、カートをクリックから「この地域の寄付手続きへ進む」をクリックします。

確定申告をする予定のない方はワンストップ特例制度を利用するを選択してください。

ワンストップ

ワンストップ特例制度とは、簡単に説明すると確定申告をするのが嫌な方向けの制度で、確定申告をしなくても申請書を1枚出すだけで税控除できてしまうというものです。

MEMO

実際の寄付はカートに入れて買うだけ

確定申告の予定が無ければワンストップ特例制度を利用

返礼品をうけとろう

 返礼品が1か月程度で送られてきます。

 お楽しみの瞬間です!美味しくいただきましょう!

申請をしよう

 さきほど軽くふれましたが、申請の仕方は普通のサラリーマンの方と普段から確定申告をしている方で異なります。

サラリーマンの方

 サラリーマンの方はワンストップ特例制度というものが使用できます。

 これを使うと手続きが3分で終わって便利なので、是非使っていきましょう。

 購入するときにワンストップ特例制度にチェックをつけると、返礼品と一緒にこんな封筒が送られてきます。

 ワンストップ

 この中に申請書と返信用封筒が入っているので、申請書に記入して、マイナンバー通知書や本人確認書類と一緒に封筒にいれてポストに出すだけです。

 記入する箇所もほとんどないので簡単にできます。

 用紙をなくしてしまった場合などでも、相手は市役所なので電話すれば対応してくれます。

 ものすごい便利なワンストップ特例制度ですが、注意点が2つあります。

 

注意点

 翌年の1月10日が申請書の提出期限

 寄付する自治体は5つまで

・翌年の1月10日が申請書の提出期限

 1月10日に間に合わない場合は、自分で確定申告をしないといけません。

 ギリギリになってしまわないように、早めに申し込みを行うようにしましょう。

・寄付する自治体は5つまで

 ワンストップ特例制度を利用するには、自治体を5つに絞らないといけません

 ですが、いろんな金額の商品があるので、あなたの納税金額に合わせて柔軟に商品を選んでいけば大丈夫です。

 例えばAという自治体から、Bの商品を5個買っても1つの自治体扱いになるので調整は簡単です。 

普段から確定申告をしている方

 普段から確定申告をしている方や、今年から確定申告をする予定の方はこちらの方法になります。

 ワンストップ特例制度を利用しないを選択すると、ふるさと納税をした市役所から「寄付証明書」というのが郵送されるので、それを確定申告時に提出して「ふるさと納税で〇〇万円寄付しました」と申告すればOKです。

ふるさと納税Q&A

ふるさと納税はいつまでに行えばいいの?

 12月31日までです。

 1月1日以降は翌年分になってしまうので、「今年はふるさと納税できなかった」ということになってしまいます。

 もし、年収が確定していなくてぎりぎりまで待ちたい場合は、先に納税可能額の8割を寄付して最後に微調整しましょう。

 万が一遅れしまうと、大きく損をしてしまいます。

どこの自治体でもいいの?

 自分の住んでない市役所(役場)でも大丈夫です。

 私は今年、熊本県や北海道など幅広く寄付しています。

 ただし、自分の住んでいる市役所への納税は認められない場合が多いので、事前に確認を取りましょう。

還付されるのはいつ?

 還付されるのは翌年度の住民税から控除されます。

 そもそも、住民税というのは前年の年収によって変わるので、ふるさと納税も1年遅れて効果があるということになります。

 

MEMO

住民税は1年遅れてやってくる

ふるさと納税も1年遅れてやってくる

寄付するたびに2000円かかるの?

 1年間の寄付額に対して2,000円がかかります。(自己負担分となります)

 なので、ふるさと納税はまとめてやっても、別々にやってもどちらでも大丈夫です。

 例えば私は今年、夏に2万、秋に3万と分けてやりました。

住宅ローン控除との併用はできる?

 併用可能です。

 ただし2つ注意点があります。

 1つ目はふるさと納税可能額が少し低くなる場合があることです。

 なので、納税可能額のシミュレーションをするときに詳細シミュレーションをするか、少し少なめにふるさと納税をする必要があります。

 2つ目は住宅ローン控除を受ける1年目は確定申告が必要になります。

 なので、ワンストップ特例制度は使用できません。

受託ローン控除がある場合の注意点

ふるさと納税可能額が少なくなる場合がある

初年度はワンストップ特例制度は使用できない 

ふるさと納税のおすすめさいと

 上でも少し紹介しましたが、おすすめはこの2つです。

さとふる

  さとふるはさくっとふるさと納税したい方向けのサイトです。

  認知度No.1で返礼品もたくさんそろっているので、美味しそうなものを見つけたら申し込んでみましょう。

       WEBでふるさと納税!さとふる       


 

楽天ふるさと納税

 ただでさえお得なふるさと納税ですが、楽天経済圏と併用するとさらに1万円得することができます。

 私のおすすめしている節約術の中でもダントツ1位です。

まとめ

 ふるさと納税は、なんでこんなお得な制度があるのか分からないくらいお得な制度です。

 少しずつ規制が厳しくなっているので、今のうちにしっかり堪能しましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です